2010年05月29日

<強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)

 強盗強姦(ごうかん)罪など四つの罪に問われ、静岡地裁沼津支部の裁判員裁判で懲役13年の実刑判決を受けた山梨県富士吉田市、無職、大谷祐介被告(24)に対する控訴審判決で、東京高裁は26日、1審判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。中山隆夫裁判長は「1審判決の直後に被害女性の1人との間で示談が成立している」と減刑理由を述べた。裁判員裁判の判決が2審で破棄されるのは初めて。

 控訴審で弁護側は「1審の量刑が重過ぎる」と主張した。これに対し、中山裁判長は「言い渡し時点では相当で、重すぎて不当であるとは言えない」と指摘。さらに「1審判決後の示談成立を被告の有利な事情と取り扱うのは裁判員制度の趣旨にもとる」と述べた。その一方で、被告側と被害女性の交渉経過を踏まえ、「示談成立が原判決後になったことはやむを得ない」と判断した。

 1審判決によると、大谷被告は09年5月26日午後7時半ごろ、静岡県三島市内の女性宅に侵入。「騒いだら殺すぞ」などと脅して殴るなどし現金7000円を奪い、性的暴行を加えてけがをさせた。このほか強姦1件、強姦未遂2件を起こした。【和田武士】

【関連ニュース】
裁判員裁判:強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避
裁判員裁判:強盗米兵「行動力アピール」が動機 那覇地裁
性犯罪:市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」
裁判員制度:「名付け親」松尾氏が講演
裁判員制度:裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会

英国の呪われた土地に「再臨」 21世紀版「切り裂きジャック」(J-CASTニュース)
オーナーらに40億貸し付け=会員預託金を流用か―岡本倶楽部の不透明資金(時事通信)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
明石の女性殺害 三男を指名手配 兵庫県警(産経新聞)
現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期(産経新聞)
posted by カドワキ ミツヒコ at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。